this_month001006.gif
令和 四年十一
11/2022
一茶忌
c3.gif c1.gif c4.gif
野田清月の2022年・令和4年11月の月例俳句のページです。野田清月(本名 野田ゆたか)は、有季定形・旧仮名遣い俳句を詠んでいます。
〈今月の詠句〉
一茶忌の俳句 一茶忌や米寿の俳師頼もしき 野田清月
冬めくの俳句 冬めくや月蝕赤く雲一朶 野田清月
帰り花の俳句 老の身に残りし野心帰り花 野田清月
紅葉散るの俳句 夕映に宇治の瀬波や紅葉散る 野田清月
冬の虹の俳句 白波の水道に立ち冬の虹 野田清月
時雨の俳句 時雨来て逆波走る竹生島 野田清月
神渡の俳句 海峡に走る雲あり神渡 野田清月
詠者 野田清月清月(清月庵)の所在地は、大阪府枚方市です。